簡単な投資をしたいなら駐車場経営が最適!

工場

地元に生産拠点を設ける

貸工場は初期コストが節約できることや、早期に操業できること等の利点があり、また海外委託に比べると品質管理が容易で納入先に近いこともメリットです。大阪では生野区や西淀川区などを中心に、多数の貸工場があります。

クリニック

もっと歯科のことを知る

歯科内覧会に精通しているプロデュース会社に内覧会のサポートを頼む事で、地域に住む人にスムーズに開院する事を衆知して貰えます。また事前に内覧会をする事で医院への敷居を低くしながら医院の良さをじっくりと伝える事が出来、それを集患に繋げる事が出来ます。

男性

業種別の物件探し

飲食店や物販店などの業種別に貸店舗を探すのが、大阪市内に進出してビジネスを成功させるためのポイントです。繁華街や駅前の居抜き物件は、ローコスト経営の飲食店に最適であり、郊外の面積が広い物件はドラッグストアなどにも手ごろです。

基礎知識で効率的な運営を

駐車場

貸し出し方や運営方法

これから駐車場経営を行おうと考えているのであれば、基礎知識を知ったうえでどんな駐車場にするかを決めることが大切です。駐車場として利用できる土地の広さは、乗用車1台あたり7坪、約23平方メートルとされています。これを2〜3台分の枠で時間貸し駐車場を運営して、ビジネスとして成功している例もあるので土地が狭いからと諦める必要はありません。駐車場経営で最も重要なことは、月極駐車場にするか、時間貸し駐車場としてのコインパーキングにするかという2つの選択肢です。月極駐車場は住宅街など定期的に乗用車を停める必要がある地域に向いており、コインパーキングは駅や商業施設の近くなど、一時的な駐車スペースを必要とするところに向いています。駐車場経営で稼ぐことができるのは時間貸しのコインパーキングによる回転率の高さですが、住宅街に設置しても利用者が少なければ意味がないため、その土地に合った方法を選ぶことが重要です。値段設定を高くしておけば収益が出るのは間違いありませんが、高ければ良いというわけではありません。周囲の駐車場の相場より高いと、お客をそちら側に奪われてしまうので、駐車場経営時の価格設定は相場をしっかりと確認してから慎重に決める必要があります。また、駐車場の運営は自己経営と運営委託の2つから選択することができ、それぞれ費用の問題やトラブル対応などが違ってきます。月極駐車場として経営する場合は自己経営が多いですが、乗用車の出入りが激しくトラブルが起きやすいコインパーキングなどは運営委託をするのが一般的です。