簡単な投資をしたいなら駐車場経営が最適!

地元に生産拠点を設ける

工場

機動的な運用が可能

生産の拠点を大阪に置きたい場合、貸工場は有力な選択肢のひとつになります。貸工場は自社工場に比べて初期投資が少額で済むこと、早期に操業を始められること等のメリットがあり、少ない資本で機動的に生産するには好都合です。大阪市では生野区や平野区などの東部地域、および西淀川区などの臨海地域で、多数の貸工場が利用されています。独自の技術を持った中小企業が多く、大阪のものづくりを基礎から支えている地域です。製造コストの削減を追求するなら、海外の工場に生産を委託するという方法もあります。ただし慣れていないと契約に時間がかかりますし、なにより品質管理に不安が残るという問題があります。できあがった製品の品質がバラバラでは、結局コストの無駄遣いになってしまいます。地元である大阪の貸工場で製造すれば、すべての工程に目が行き届き、万が一トラブルが起きた場合でも迅速に対処できます。また特に部品や半製品を製造する場合は、納入先に近いほど柔軟に運営できることが利点になります。下請け会社の多い大阪では、こうしたメリットが十分に活用できるでしょう。ベンチャービジネスで売れ行きの予測しにくい製品を製造するときや、一時的なブームで商品の製造が間に合わないときなどにも、貸工場を利用するのが効率的です。はじめは貸工場で需要の変化に対応し、やがて経営が安定してきたら、自社工場を建てて長期的なコストを削減するのが定石と言えます。